核心期刊网首页> 外文会议> 其他

GKYP補題を用いた所望の位相余裕と位相交叉周波数を達成する位相安定化補償器の直接設計法に関する基礎検討 Fundamental Study on Direct Design Method of Phase Stabilization Compensator for Desirable Phase Margin and Crossover Frequency Using Generalized KYP lemma


精密位置決め制御においては先進的な制御系設計手法(1)rn(2) (3) が用いられている一方、それらの制御系設計手法は一rn般の制御系設計者が自身の制御系設計に反映出来るほど普rn遍的な手法であるとは言いがたい。その要因として、制御rn系設計手順が複雑であり直感的でない、制御器の調整手法rnが不明瞭であるなどが挙げられる。一般的に産業界では制rn御系の性能を閉ループ極、位相交叉周波数、位相余裕及びrnゲイン余裕などの古典制御における指標で評価することがrn多く、望ましい値は経験に知られていることが多い。しかrnしながらこれらの指標が望ましい値になるよう制御系設計rnを行うことは容易ではなく、......

【作者名称】: 兼松正人, 藤本博志
【作者单位】: 東京大学, 東京大学
【关 键 词】: GKYP補題を用いた所望の位相余裕と位相交叉周波数を達成する位相安定化補償器の直接設計法に関する基礎検討 Fundamental Study on Direct Design Method of Phase Stabilization Compensator for Desirable Phase Margin and Crossover Frequency Using Generalized KYP lemma
【会议名称】: 平成28年 電気学会 産業応用部門大会
【期刊论文数据库】: [DBS_Articles_05]
【期刊论文编号】: 189,353,728
【摘要长度】: 322
【会议组织】: 東京大学;東京大学;
【会议时间】: 2016
【下篇论文】: 外文会议 - J リングフロー試験方法による高流動コンクリートのワーカビリティー評価に関する実験検討 その1 課題の抽出と実験計画

【论文下载】: 免费获取 该期刊&论文全文内容